加齢臭サプリランキング@口コミおすすめは?

加齢臭 サプリ

 

加齢臭は消えるのか?

 

加齢臭は老化のひとつの症状ですから、治る治らないで言えば治らないということになります。しかしながら、臭い自体は消すことが可能です。

 

加齢臭の臭いを少しで減らすためには、体の持っている機能を最大限に活かす必要があります。たとえば、体の皮膚には、雑菌の侵入や乾燥を防ぐための膜があるのですが、これを維持することで雑菌の増殖を防ぎ、臭いを抑制することができます。この膜が壊れる最大の原因は石鹸やボディーソープに含まれている界面活性剤です。ですから、この使用を減らすことによって肌の保護膜を守ります。加齢臭が出る頃には、若いときほど新陳代謝もありませんから、体をしっかり擦るのも頻度を減らして大丈夫です。

 

また、体に悪そうな食品は控えるようにします。悪いものを食べると、体内で活性酸素が増加し、これがにおいの元になるノネナールを作り出す原因になってしまいます。特にタバコは、体内の抗酸化物質を大量に消費するためやめたほうが良いでしょう。

 

そして、腸内環境を整えることが大切です。腸内環境が良くなれば、体内の毒素がたまりにくくなりますから、加齢臭のみならず、体臭なども無くなっていきます。善玉菌を含む食品や酵素、食物繊維などを積極的に摂取して、腸内環境を整えましょう。専用のサプリメントなどは特に効果的で、腸内環境の改善にかかる時間を大幅に減らしてくれます。

 

臭いを抑えるためには上記のことを意識してしばらく生活してみると良いでしょう。違いは明白に出てくるはずです。

 

加齢臭の原因は何?

 

体臭というと体の臭いと考えがちですが、体そのもののニオイというよりは、汗のニオイであることがほとんどです。

 

この汗のニオイは、単純に汗のニオイだけではなく、雑菌と混ざりあうことで独特なニオイが生じるようになります。

 

加齢臭というのも体臭に該当するわけですが、同じように汗のニオイだとしても、従来とはどこか違ったニオイがするものです。これは当然、汗や雑菌が変わったわけではありません。

 

加齢臭の原因は、加齢によって脂質が過酸化脂質となってしまい、そこにニオイの元になる物質が増えてしまうことで生じます。

 

加齢臭が生じる原因にはさまざまなものが考えられますが、生活習慣の影響は非常に大きいと言われています。つまり、飲酒や喫煙、運動不足、ストレス過多のような要因を抱えていると、若いうちから加齢臭が出やすくなると言われています。

 

こういった習慣がどうして加齢臭を引き起こすのかというと、簡単に言えば体内で活性酸素を作り出す要因となるからで、体内に備わっている抗酸化成分を大量に消費させてしまうからです。酸化に対する抵抗力が衰えることによって、脂質が酸化して過酸化脂質となり、強いニオイの原因になるということなのです。加齢だけが抗酸化力を落とすのではありません。

 

というわけで、加齢臭を防ぎたいなら生活から整えることが大切です。付け焼刃のニオイ対策より、しっかりとニオイの元を断っていくことが大切です。

 

加齢臭は物に臭いが移る?

 

加齢臭の影響があるのは、自分の体だけではありません。
実は、身の回りの様々なものにその臭いがうつっていることをご存知でしょうか。

 

加齢臭のにおいは、基本的には皮脂腺から出ているのですが、皮脂のにおいと言っても過言ではありません。その皮脂は衣類や寝具、自分の私物などにいつの間にか付着し、においがなかなか取れなくなったりするものです。

 

加齢臭のほかにも、においの強い食べ物や、タバコ、ペットなどのにおいも部屋の中に残りやすいにおいです。しかしながら、こういったにおいというのは、その中で生活している当人には気付きにくく、他の人が家に来た際に強くにおいを感じてしまったりするのです。

 

部屋を加齢臭から守るには、臭いの発生元である自身の加齢臭対策をする必要があります。それでも部屋にしみついたにおいは残りますが、そういったものは換気をしたり、消臭剤や芳香剤を利用したり、まめに洗濯をするなどして少しでも良い状態を作るように心がけましょう。

 

建築技術が進んで建物の気密性が高くなり、部屋の空気が滞りがちになりました。冷暖房を利用するにはとても良いのですが、一方でにおいの問題はどうしてもつきまといます。できるだけ家の中の空気が入れ替わるように、普段から意識して換気をしましょう。

 

天気の良い日は、窓を開ける時間を多く持つようにすることが大切です。

 

加齢臭は自分だけの問題ではなく、周囲の人やモノにも影響を与えるということを自覚して、しっかりと周囲の管理にも気を配りましょう。

 

加齢臭に効く食べ物は?

 

 食事から加齢臭を改善するには、脂肪酸を生成する肉類や揚げ物を控え、バランスのとれた食事を心がけることが大切です。
 また、抗酸化作用のあるビタミンCやEを含む食材を摂ることが重要なため、これらの栄養素は野菜や果物から摂取するようにします。
 ではどのような食材をとれば効率よく加齢臭を改善することができるのでしょうか。

 

(1)アルカリ性の緑色野菜

 

 炭水化物、肉、魚、卵は摂取した時に体内で作り出される酸性物質を中和し、食物繊維が腸の蠕動運動を促し毒素を排出する働きがあります。
 また体臭をさわやかにする役割もあります。
 セロリ、シソの葉、シュンギク、ブロッコリー、豆苗、大根の葉、チンゲン菜、ホウレンソウ、シロナ、ナズナ、レタス、タラの芽、クレソン、香菜など

 

(2)アルカリ性の果物

 

 はたらきは上記の野菜と同じですが、果物は香りが強いため一般的に野菜よりも優れているといえます。
 レモン、ミカン、サンザシ、リンゴ、アンズなど

 

(3)マグネシウムを含む食材

 

 マグネシウムは精神を安定させ、皮膚を白く柔らかくし、体臭をアンズのような香りに変えます。
 これはマグネシウムイオンが腸内の脂肪を分解し無毒化したのち体外へ排出すること、またマグネシウムを含む食品そのものの香りが体臭をいい香りに変えることによります。
 特に女性がマグネシウムを摂ると、皮膚からよい香りが放たれ、比較的早く体臭が改善することが分かっています。
 ヒマワリの種、松の実、クルミ、栗、冬瓜の種、ワカメ、ゴマ、バナナ、ライチなど

 

 気軽に取り入れられるものばかりですので、加齢臭が気になってきたら気を付けて摂ってみるのもいいかもしれませんね。

 

加齢臭にアスタキサンチン

 

男性が年齢を重ねる上で気になってくるのが加齢臭ではないでしょうか。自分では気づかなくとも家族や周りの人が気になっていることも多いようです。もちろん加齢臭は男性だけではなく女性にも起こるのですが、男性向けに加齢臭のケア用品なども多く販売されているので多くの人が男性に多いと認識しているでしょう。
加齢臭の原因はノネナールという臭いの成分ですが、簡単に言うと人間の皮脂腺から出る脂肪分が酸化している状態であり、これは食用油などが酸化して臭うのと同じ状態です。ボディーソープやシャンプー、デオドラントスプレーなど様々なケア用品を使って加齢臭対策をしても体内から出てくるので、まずは体内から改善する必要があります。そこで強い抗酸化作用のある成分を取り入れて加齢臭対策を行ってみてはいかがでしょうか。
抗酸化作用のある成分を含む食材などは多くあるのですが、中でも強い抗酸化作用のある成分を含む食材が鮭や蟹、いくらなどであり、これらの生物に共通している赤い色素であるアスタキサンチンと呼ばれる成分が強い抗酸化作用を発揮するのです。アスタキサンチンには加齢臭の臭いの元であるノネナールを抑制する働きがあり、ノネナールの素となるパルミトオレイン酸を減少させることが出来るので、加齢によってだんだんと増えていく原因物質であるパルミトオレイン酸を減少させることができ、発生してしまったノネナールを抑制するとなれば加齢臭対策には欠かせない成分となるのです。

 

加齢臭を隠す香水は?

 

加齢臭は中高年の男女に共通する悩みです。
女性は男性よりもそのニオイが比較的弱く、また発生する時期が遅いため、敏感な人でなければそれほど問題になることはありませんが、一度発見されると精神的なダメージも大きいと言います。程度の差はあれ、誰にでもあるものですから、それほど落ち込むようなものではなく、ホルモンバランスを改善し、生活を整えることでニオイは抑えることができますので、あまり慌てないことです。

 

しかしながら、自分のニオイについて、他者から指摘を受けるというのはショックなものです。

 

こういう時に、日本人というのはニオイに敏感すぎると感じてしまいます。

 

海外では、体臭というのは個性の一部として、それを香水などとミックスすることによって自分の独特のニオイを自ら放っています。しかしながら、日本人はニオイがあることをよしとしないため、ニオイを消す方向でケアする人が多いです。

 

そのため、香水などを利用することになれていない人も多く、とにかくニオイがいいと言われている香水を利用し、それが加齢臭と混ざり合ってすごいニオイとなることも少なくありません。

 

加齢臭を誤魔化す目的で香水を使用するというのは、かなり難易度が高いので、普段からつけなれない人はムリをせず、消臭に徹するか、よく研究してから遣いましょう。

 

日本で使われている香水は、体臭が少ないことを前提に作られているものが多いので、加齢臭対策で使うには基本的に向きません。やはり、地道な体質改善がもっとも加齢臭対策には有効ですね。

 

女性の加齢臭対策は?

 

加齢臭のイメージというのはとにかく悪いものです。具体的なイメージは違えど多くの方は加齢臭は中高年男性に特有のにおいと思っていますが、実は女性にも加齢臭はあります。ただ、男性に比べてその強度が弱く、また発生する年代もやや遅くなるため、そこまで目立ってしまわないのです。

 

「オヤジ臭」と言われてしまう加齢臭ですが、加齢臭の原因物質であるノネナールは毛穴の奥にある皮脂線から分泌されます。その際には、脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことでこのにおいの元が出るのですが、男性の方が皮脂腺の活動が基本的に活発であるために男性は強くにおいが出やすいのです。また、女性の場合は女性ホルモンのエストロゲンが体内の活性酸素の働きを抑制する作用を持つため、この過酸化脂質の発生を抑えてくれていることも男女差に影響しています。

 

女性の加齢臭が目立ち始めるタイミングは個人差はあるものの、多くは更年期や閉経が本格化する50歳前後になります。

 

また、女性は男性に比べ筋肉量が少なく、、もともと活性酸素も発生しにくいという土壌もあるようです。

 

女性の場合は、加齢臭は強く出にくいですが、それでもにおいが全く無いわけではないので、いつも清潔を意識し、体を内側からきれいにする努力をすることが大切です。

 

ただし、それをストレスに感じてしまうと余計に加齢臭が出やすくなりますので、あくまでムリをしない範囲でしっかりケアしていきましょう。

 

男性と比べれば女性の加齢臭は対処も難しくありませんから、正しいケアを実践しましょう。